ご意見・お問い合わせメールフォーム(和泉市ホームページへ外部リンク)ご意見・お問い合わせ

和泉市議会議場風景

 市議会の概要 

 

市議会の権限

市議会には、市民を代表する機関として、法律の定めによりさまざまな権限が与えられており、これらの権限に基づいて、仕事をしています。

●議決権
市が条例や予算を定めるときなどには、市長は市議会の議決を必要とします。このように議決を行う権限を議決権といいます。議決を必要とする事項は地方自治法第96条で定められており、主なものは次のとおりです。

 条例を設け又は改廃すること
 予算を定めること
 決算を認定すること
 その種類及び金額について政令で定める基準に従い条例で定める
  契約を締結すること
 その種類及び金額について政令で定める基準に従い条例で定める
  財産の取得又は処分をすること
 法律上その義務に属する損害賠償の額を定めること

 議決権は議会の最も本質的な権限で、議会が「議決機関」といわれるゆえんです。

●同意権
市長が副市長、教育委員会委員や監査委員などを任命するときに同意を与える権限です。

●検査権及び監査請求権
検査権は、市の事務が市議会の議決通りに執行されているかを検査する権限です。
監査請求権は、監査委員に対して市に関する事務の監査を行うよう求め、報告を請求する権限です。

●調査権
地方自治法第100条に規定されていることから「百条調査権」といわれ、市政全般について議会独自に調査を行う権限です。
調査にあたっては強制力が与えられ、議会は関係者の出頭や証言、記録の提出などを求めることができ、正当な理由なしに拒否した者には処罰規定があります。

●意見書提出権
市政に関係する事柄について、市の力だけでは解決できないときに、国や県、その他の関係機関などに対して意見書を提出し、解決をはかります。

●請願及び陳情の受理
市民からの市政に対する要望を請願書・陳情書として受理しています。その受理された請願・陳情を処理し、市に提出します。ただし、請願は法的拘束力がありません。

●自律権
会議を円滑に進めていくために会議規則を制定するなど、市議会内部の規則などの議会に関することを国や市長の干渉を受けずに自主的に定めることができる権限です。

●選挙権
市議会の議長・副議長や選挙管理委員会委員などを選挙する権限です。

CONTENTS

和泉市ホームページへ移動